長茎術の術後のダウンタイムとは

長茎術ダウンタイム中は安静に

長茎術の術後は患部がデリケートな状態であるため、1〜2週間は患部を守るために安静にしていなければなりません。
その期間のことをダウンタイムと呼びます。
長茎術は靭帯を切除したり周辺の皮下脂肪を除去したりなどの外科的治療を施し、体の中に埋もれている状態だった陰茎を物理的に前に出して引っ張りペニスを長くするという手術です。
亀頭にヒアルロン酸を注入する増大術は太さやボリューム感が欲しい男性に適した治療で、長茎術は短さに悩んでいる男性に最適な治療です。
外科治療は患部を落ち着かせるためのダウンタイムが必要になりますが、長茎術のダウンタイム中も日常生活におけるちょっとした制限が生じます。
術後2週間は患部を保護しながらの生活になりますので、それも考えて手術日を決めなければなりません。
旅行前やスポーツの大会前や大事な仕事を控えている前などはやめて、特別な用事がしばらく無いというタイミングを狙って受けるべきです。

術後の過ごし方やアフターケア

長茎術の術後の正しい過ごし方についてですが、とにかく安静にして患部にダメージを与えないような生活を意識しましょう。
心がけるべきこととしては、自転車やバイクに乗ると股間に圧力が加わるので移動時は車や公共交通機関を利用する、当日は患部を包帯で保護した状態で過ごしシャワーは翌日からにして浴槽に浸かる入浴は5日目以降にする、スポーツやハードな肉体労働やトレーニングや体を使うアクティビティやマッサージは1週間程度控える、アルコールやカフェインや香辛料は刺激物なのでダウンタイム中は摂らないようにする、パートナーとの性行為やセルフによる自慰行為は2週間程度我慢するなどがあります。
菌が繁殖すると患部が炎症を引き起こしますので、清潔にすることも忘れてはいけません。
入浴時に患部を優しく丁寧に洗い、下着もキレイなものを身につけるべきです。
患部に石鹸で洗っていない不衛生な手で触れるのもご法度です。

まとめ

長茎術の術後は、患部を労わり保護するためのダウンタイムを設ける必要があります。
ダウンタイム中に無茶をしたりルールを無視して好き勝手な行動をとったりすると、感染症を発症したり痛みが出たり腫れたりなどのトラブルの原因になります。
早く患部を安定させて早く今まで通りの日常生活に戻りたいなら、安静にしていることが一番です。
ダウンタイム中になんらかのトラブルが発生した場合は、速やかに長茎術を受けたクリニックへ行き処置をしてもらいましょう。